うなぎ工房の徒然草


『ラリーから野宿まで』マシン製作過程や日々思いつく事をのんびりと
by unagi-xr400rv
カテゴリ
全体
モンゴリア
BTOU
ラリーレイド
XR
徒然草
バイク
携帯より
モノ造り
レース
便利モノ
...
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


車検まで後数日

なーんも準備してない・・・


そうそう、タイヤ預け入れ。
確かG1&G2トラックそれぞれに積込む際に、黄色と赤のガムテープで色分けしてたと思う。
んでガムテにゼッケンと名前を書くわけだけど、当然擦れて見えなくなる。
d0047958_23261778.jpg

そこで上の様にペイントマーカーで、数箇所の溝の中にゼッケンと名前を!
また下の画像の様に、サイド面の擦れ難い部分にも記入。
ついでにローテーション方向も書くとタイヤ交換が楽ですよ。
d0047958_23293979.jpg

更に!
d0047958_23303116.jpg

交換済みタイヤも記入を忘れずに。
でないと翌々日に、自分のタイヤが判らなくなる。
加えて9月の車両&荷物受け取り時に、どれが誰のか・・・
ですんで、マーカーは忘れずに!!

因みに前記した様に、コンテナ内は一ヶ月間高温になりますんで、
車両にガムテを貼ると、糊が溶けて・・・


話し変わって先日夜、製造者責任でテストライドしてきた。
d0047958_23354078.jpg

ダッチワOフみたいなカッコしてるのは、某部品メーカー元営業マン。
上司に媚び諂うなんて事をしない人だから、倉庫番にまわされてしまった。
今回、急遽召集を掛け、いつもの焼き肉と思ってヒョコヒョコやって来たKさんは
親方が乗るゼファーサイドカーの船に。
あとホーネット600とCBR250RR。
ぐるっと一周120km。不具合なしだが周りの視線がイタイ。

d0047958_2342198.jpg

ここ最近、店を根城とするチビネコ。
なかなか懐かないが、このようにワシの作業をじっと見てたりする。
[PR]

by unagi-xr400rv | 2006-06-26 23:43 | BTOU

車検会場が変更

結局、神戸から横浜に・・・


今日も蒸し暑い中、モスキートの襲撃と戦いつつ、HPNを。
d0047958_230111.jpg

キャリパーサポート仕上げて、スポークとタイヤを組んでみた。
d0047958_2324159.jpg

ホイール軽そうでしょ?
タイヤとチューブを外した、ホイールサブASSY状態で体重を量ってみた。
d0047958_2351592.jpg

d0047958_2354113.jpg

HPNの約65%ダウン!

キャリパー&サポートも量ってみたところ、こちらも35%ダウン!
総量約6kgの軽量化になる!
ばね下6kg・・・すげー
[PR]

by unagi-xr400rv | 2006-06-20 23:26 | BTOU

追い上げ

ラリーマシンばかりやっている訳ではなく、一般整備や修理、モンキーカスタムやトライク製作もどんどん入ってくる。
「モトモト」誌の企画である、JAZZカスタムも並行して行ってる。
先週までは、カスタムやトライクの受注分を依頼順にこなしてたが、HPNを優先して集中作業。
(順番飛ばしてすみません)

まずは先のスタンドワイドキットから。
HPN(BMW)といえばTouratech。
形状違いの為、新規製作をと考えてたが、やはりTouratechは外せないので、
やや不安が残るがステー追加で装着。
d0047958_041892.jpg

こんな感じになった。右のスペーサーは使えないのでポイッ!
d0047958_0423331.jpg

ポイしたスペーサーの代わりにワッシャーを使う。
Touratechの考えでは、スタンドベースより1mm薄いスペーサーを使う様である。

それにしてもボルトが出っ張って見苦しい。
M5フランジキャップナットにしようかなぁ。

d0047958_0451813.jpg

30mm厚のアルミから削り出し中。
途中で装着確認。
ここから肉抜きや切り落としを行う。


d0047958_0475043.jpg

IRC様よりサポートして頂きました!
タイヤは工場より直送してくるので、到着は火曜かな。
[PR]

by unagi-xr400rv | 2006-06-20 00:51 | BTOU

追加作業

日曜日、追加作業依頼。
で、今日。
やっぱりそのままでは付かない外国製品・・・
d0047958_0235010.jpg

HPNのサイドスタンドベースはリブが溶接されており、その逃げを造るが
d0047958_0251868.jpg

ワイドキットは1150用なんで、間に挟む板の抜きと形状が合わず
d0047958_0273360.jpg

何故か持ってる1150のサイドスタンド先端とも、合うはずなのに合わず・・・
アルミとステンで重いから造るか。
d0047958_0295042.jpg

IMOスイッチは見ての通りで・・・
d0047958_039214.jpg

IMO5スイッチとチョークレバーが干渉しており、それを対策し。
そのスイッチ厚によるハンドル幅不足を補う為、カラー作製とアチャルビスハンドガード矯正。
d0047958_055448.jpg

トップブリッジに装着されてる、スロットル&クラッチワイヤーガイドが小さ過ぎて、それを新規製造。
ハーネス取り回しをフレーム側から再度見直し。
d0047958_0413227.jpg

d0047958_0421277.jpg

ハンドルライザーの変更依頼に伴う、カラーステー類の作製&ZETAトップクランプの寸詰め溶接加工。
ライザー補強をアルミブロックから削り出し、GPSマウントステーを再製作。
本来ライザーはNC加工屋で新規製作してもらう予定だったが、HPN搬入が一ヶ月遅れた為に段取りが狂って納期が間に合わず。大物を汎用機で造る時間も全く無い。
仕方がないので市販品流用加工。あんまりD*Cは使いたくないんだが・・・

2つ装着したIMOのうち右側を「もう少し手間へに」との事なんでスペーサーを作製。


残るは本命のFホイール変更に伴うキャリパーサポートとホイールカラー製作と、ブレーキホース製作。

あ、アチャルビスのエンデューロジョグ加工装着もだ。
[PR]

by unagi-xr400rv | 2006-06-19 00:51 | BTOU

個人的な考えなんだが、ナイロンセルフロックやフランジ無しナットが嫌いである。
ナイロンはボルトに負担を与えないので良いのだが、ロックが直ぐにダメになるし全高がちょっと・・・
またフランジが無いと座面積が少なく、下の画像の様にカラーが負けて凹んでしまうから嫌だ。
(フランジ無しじゃないとダメな部分にゃ当然使わない)
d0047958_1243183.jpg


転倒などで変形し、緩んでしまいそうな所へは、セルフロックフランジナットを使うようにしてる。
d0047958_1463598.jpg

平ワッシャは基本的に使わない。勿論加重分散させる部分には使うけど。
スプリングワッシャは絶対使わない。
ありゃ、ゆるみ止めになんない。

ネジロック剤も適材適所で使用する。
緩んで脱落したら困るステップやペダルやキックを留めるボルトに。
場合によってはワイヤーロックと併用も。

勿論、ボルトもDIY店でなんか買わない。
強度区分を確かめ、ネックが太いか細いかを選択し、長さが適正なフランジボルトを使う。
でも製作する車種によってキャップボルトの方が多い場合が有る様なんで、
なるべく工具を統一出来る様にボルトを選んでる。


採寸したり、どのような形にするか考えたり、
直ぐに入手できる二輪四輪他国産車純正部品の、どれを、何処へ、どのように使うか。

こんな事をしてると、あっという間に時間が経ち、サンプル部品の山が出来るのである・・・
防水キャップ付シガーソケットなんて、使い道ないよなぁ。
d0047958_1455524.jpg

XRレンチ専用グリップなんて、知ってる人殆ど居ないしなぁ。
d0047958_1483764.jpg

[PR]

by unagi-xr400rv | 2006-06-17 01:53 | BTOU

もんごるあれこれ 其の参

d0047958_07098.jpg

とあるモンゴル人ライダーのヘルメットである。
同じ様に、家族や大切な人の写真を貼り付けている方も居ると思います。

この写真が励みになり、支えになり、良いブレーキになる。

トラブルなく、怪我をせずキャンプ地に到着しウランバートルへ。

そして笑顔で我が家へ。
そこが最終ゴール地。

どうかブレーキを忘れずに。




モンゴルのシングルコーション「!」は
TBIでの「!!!」と思ってください。

スピードが違い過ぎるのでピンとこないかもしれませんが
80km/hで縁石ジャンプするようなもん_かな。
[PR]

by unagi-xr400rv | 2006-06-13 00:23 | BTOU

もんごるあれこれ その2

d0047958_2223246.jpg

10kgバッグと20kgバッグ
10kgバッグは、ヘリに積込みます。
毎朝、エントラントが所定の位置に持って来る事になってます。

んで皆がスタートした後、ヘリに積込むのは
ヘリの乗組員と、我々ヘリシートを確保したメカニック&オフィシャルです。

100個近い10kgバッグを、手作業でヘリまで運搬し積込みます。
如何に速く少ない労力と動作で運搬し、積込むかが課題です。
ですんで
「手提げ部分がマジックテープでまとまってない」
「所定の位置に積み上げず、横へ横へと置いてゆく」
これをやられると作業能率が落ち、ヘリの出発が遅れ、運営に支障をきたす事にもなります。
ですんで、手提げはまとめ、コンパクトに積み上げて置いてくださいね。

トラックに積む20kgバッグも同じです。手提げまとめて、コンパクトに積み上げてください。
こちらはSSERカミオンと同じくらい荷台が高く、投げる様に積み下ろしをしなければなりません。
ですんで丈夫なバッグで、手提げがまとまるように工夫して下さい。
でないと片方の手提げだけで、20kg以上の重さを受けて、場合によっては破れます。
この場合、運搬側の責任でなく、持ち主の責任になるやも。
積み下ろしには勿論配慮しますが、レギュレーションでは「丈夫であること」となってますんで、
それを前提の作業をします。
我々も人の子です。
ぞんざいな置かれ方をしていたりすると、扱いが悪くなってしまいます(すんません)

トラックの荷台は、物凄く細かい砂埃が常時巻き込んでますんで
ファスナーが開かなくなったり、中に入り込んだりします。

上の画像を見てもらうと判りますが、手提げをまとめてないと
バッグが綺麗に置けないんです。
また、ゼッケンと名前は前後左右から判る様にすると見つけ易いです。
ガムテープは剥れる恐れがあるので、数箇所に。
ある方は、転写シートでゼッケンと名前をプリントしてました。
[PR]

by unagi-xr400rv | 2006-06-08 22:54 | BTOU

もんごるあれこれ

低気圧のせいなのか、目が覚めると同時に目眩をおこしてました
今はちょいと回復

さてさて、BTOU2006。
わしの本家サイト「うなぎの林道無宿」にリンクされてる、といだ氏の「Six Wheels life」
出発までの準備や荷物の内容等が詳細に書かれてますので参考に。

んで、わしゃ小ネタを少々。
**レギュレーション『胸部や脊椎を十分に保護するプロテクター』**
モトクロスやエンデューロに使われる、ブレストガードは不可。
去年の車検でも多くの方がコレで落ちてました。

古くから広く知られてるのはダイネーゼ。
お勧めはHONDAボルドール スーパープロテクション ジャケットかな。
UFOの方が知られてるが、高価な割りに薄いパットじゃ話にならん。
HONDAは二輪四輪使っての衝突試験を行ってる。
このプロテクター詳細は販売店カタログや
「ゲレンデシュポルトライフ」のインナープロテクターを参考に。

**毎日支給される水とランチパック**
記憶が定かでないんだが・・・
確かコモパン2個、ハイカロリーなナッツやビスケット類、1.5Lペットボトル1~2本。
去年コモパン以外は、ウランバートルで仕入れてたそうです。
だから缶に入ったナッツなんかが出てた。
この辺りは「次回は日本から送ろう」と言ってたんで改善されると思う。

問題は水。
ご存知かと思うが、向こうのペットボトルは潰しやすく出来てる。
でもって平時1.5L以上、ゴビステージ3L以上は必要。
キャメルバックは必須。2L以上のなるべく大きなのを。
『予め飲干して取っておいた炭酸500mlペットボトル』を2本用意し、
これをウェストポーチの両側へ装着したドリンクホルダに差しておく。
(トレックフィールドやラフ&ロード等で売ってます)
キャンプ地に到着したらチビチビ水分補給し、翌朝スタート前には水分を体に満たしておきます。
走行中、定期的に喉を潤し渇きを覚えないように。
スポーツドリンクの粉末を薄く混ぜるのは好みで。でも混ぜない水は必ず用意する事。
d0047958_14213891.jpg

キャンプ地レストランゲルには大量に水が確保されてます。足りないと思ったら申し出てみましょ


**政府軍事関連施設は撮影しない**
去年も居たのですが、中国の国境施設をバックに記念撮影されている方が見えました。
国防に関わる拠点なので、銃突きつけられて拘束尋問カメラ没収も有り得ます。
まずそこまでいかないかもしれませんが、モンゴル国内でも要注意。
日本大使館や警察官、ルート上の駐屯地など気をつけましょう。

**馬乳酒の味は???**
SSERモンゴルスタッフのムッホ曰く「モンゴル人でも夏は呑まないようにしてる」
だそうです・・・
誇り高き遊牧民にゲルへ招待され、馬乳酒と歯が折れるほど硬く酸っぱいチーズを
振舞われるかもしれません。
我々無菌化された日本人にとって、強烈な乳酸菌には完敗です。
特に疲れた状態で口にすると、即効性下剤と化し、以後下痢に悩まされます。
振舞われて残すのは大変失礼に当るので、ジェスチャー等でお腹の具合が悪いのを訴え、
やんわりとお断りすると良いでしょう。

因みにわたしゃ、ポリタンに入った馬乳酒をなみなみと注がれ飲み交わしました。
振舞ってくれたモンゴル人(やや都会人でした)は、立ちゲロしながらも更に勧めてくれました。
で、一緒に飲んだこーぬし君は下痢となり、わたしゃ変わりなく・・・

長くなったんで今日はこの辺で。
[PR]

by unagi-xr400rv | 2006-06-06 14:25 | BTOU

RANBLE

天気も良いし煮詰まってたし

預かってる某女史のランツァのエンジンもたまには始動させないといかんし

てな訳でRANBLEしてきました


d0047958_21451565.jpg
亡父が土建屋を営んでた頃に作った林道
寂れてはいるが、地元の方が使ってくださってる

d0047958_21455131.jpg

とある、余り知られていない林道
この先、尾根伝いを縫うように走る
広くのんびりと走れる

d0047958_21474870.jpg

未だに謎の標識
足助町にあるから「アスカーブ」なのか?

d0047958_21484999.jpg

足助町の『百年草』内に有るハム屋さん『zizi工房』
足助町の、じじとばばが丹精込めて作ってます
美味美味


久々にゆっくり走った気がする
新緑に目を休め
湧き水でのどを潤し
林間の冷気を楽しむ

ほんと、のんびりできた
[PR]

by unagi-xr400rv | 2006-06-01 22:00 | バイク