うなぎ工房の徒然草


『ラリーから野宿まで』マシン製作過程や日々思いつく事をのんびりと
by unagi-xr400rv
カテゴリ
全体
モンゴリア
BTOU
ラリーレイド
XR
徒然草
バイク
携帯より
モノ造り
レース
便利モノ
...
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2Daysの嬉しい事と残念な事

リタイヤに終わった2Daysですが、それなりに色々ありました。

1:車検の甘さ
2:マナーの低下
3:威厳
4:若い世代

1:
はじめて2Daysに参加した頃は、それはもう厳しいものでした。
ホーンの鳴り方も、ライトオンでアイドリング時に割れた音だったらOUTでした。
反射鏡の有無は勿論、各部の状態を事細かにチェックされたものでした。
今回、ウィンカーの発光面積や反射鏡の状態など、一部において車検の甘さが見られました。
3に通ずる所がありますが、車検合格し、BSステッカーがフェンダーに貼られると
『あのSSER車検に合格した』というステータスというか何というか。
そんな感じがありました。

2:
これは自分も含め反省すべき点が多々あるかと。
一番は、民家脇から始まる未舗装路でアクセルを開ける方が居たこと。
そして住民の方が、ある参加者を止め、やんわりと苦情を申し立てた事でしょうか。

未舗装路になった途端、無意味にアクセルを開ける。
砂利を撒き散らされ、愛車に石を飛ばされ、爆音に晒される住民はたまったもんじゃありません。
同じ事を自宅でやられたら不愉快になるはずです。

SSまでの舗装路のマナーは、概ね良好のようですが、未舗装路になると
閉鎖されてない区間でも道幅目一杯使って飛ばして行く。
対向車が居ないとは限らないのに、というか対向車が来るものとして走らなきゃいけないのに
そんな事お構い無しにカッ飛んで行く。

会場では、林檎やバナナを自分で手に取ったのに、食べずにテーブルに置きっぱなしに。
ノーヘルでバイク引き上げ。

閉会式前の昼食時、何名かがパルクフェルメに入っていました。
当然、まだ立ち入り禁止です。
オフィシャルが注意しに行き、何名かは素直に退出しましたが、
広島からエキスペリエンスランに参加した、ある方は
「そんなもん知らん」
と、やや逆ギレ。

どんな形態での参加であろうと、レギュレーションは熟読して守らねばならないのです。
また、SSER未経験者を誘ったりした方が、様々な注意事項をその時々で伝えるべきなのです。
マシン製作のノウハウだけでなく、走行テクニックだけでなく、
大会においての注意点なども伝えていくべきなんです。

3:
元参加者が、様々な理由でオフィシャルとして働いてくれてます。
丁度私ら第二世代?のオフィシャル率が高くなって来てます。
競技なのですから、主催者側と参加者側とでは、それなりに壁が必要になります。
主催者の威厳がなければ、参加者に舐められてしまいます。
私自身、オフィシャルの方々と知り合いだったり、時にはスタッフとして手伝う事もありました。
ですが参加者である以上、あまり馴れ馴れしく会話しない様に心がけています。
馴れ馴れしく接する姿は、他人から見たらどう取られるか。
考えなくても良い事なのかもしれませんが、考えてしまいますね。

4:
今回1988年生まれの参加者が見えました。
88年といえば、私がXR250Rを購入した年でもあります。
XRでヒーヒー言ってアタックしてた頃、彼はオギャーとこの世にやって来たのです。
年月の流れというものを実感した瞬間でした。
また親子で参加された方もみえました。
息子さんは以前、オフィシャルスタッフとして参加しており、私もスタッフ参加したときに、ご一緒しました。
礼儀正しい気の効く子です。
やはり育った環境が良いのでしょう。

今ではUNDER28クラスが出来るほど、若い世代が居ません。
初めて参加した時、諸先輩方から様々な教えを頂きました。
今度は我々がそれを伝える番です。
SSERのイベントだけでなく、エンデューロを、バイクの環境を
今後もよりよい世界にするために。

とりとめの無い拙い文章ですが、そんあこんなを色々考えさせられた24th大会でした。
[PR]

by unagi-xr400rv | 2008-11-27 20:54 | バイク
<< もう子供の遊び道具ではない SSER 2DAYS CLAS... >>